質問:
地球の地殻にはどのくらいのウランがありますか?
Danubian Sailor
2014-04-16 11:37:16 UTC
view on stackexchange narkive permalink

地球の地殻に含まれるウランの量の見積もりはありますか?

私が知っていることから、地球のコアには大量のウランがあり、その崩壊がコアの高温維持の原因であると考えられています。コアのマイニングはほとんど想像できませんが、クラストのリソースはマイニングに利用しやすくなっています。クラストにはどのくらいの量があり、どのレベルの濃度であるのでしょうか。 (これは、アクセスの実行可能性に影響します)。

アクセシブルなウランまたはウランの合計について話しているのですか?あなたがアクセス可能なウランについて話しているなら、地殻の濃度はそれほど重要ではありませんが、むしろ元素がどれほど簡単に濃縮されるかです。実際には珍しいことではない希土類元素を例にとってみましょう。それらはただ分散しています。一方、金の量が少ないと、濃縮された堆積物が形成されやすくなります。
コアはニッケル-鉄合金で構成されています。非常に一般的な意味で、熱はニッケル/鉄を重力で圧縮することによって発生します。そのため、核崩壊は地球内部からの主な熱源であるとは考えられていません。ウランの崩壊は地殻内で熱を発生させ、カリウムとトリウムの両方の崩壊とともに、強化された地熱井を通じて利用できます。これらの3つの元素は豊富ですが、地球の内部熱の大部分の原因ではありません。
地球内部での放射性崩壊熱の生成は主にマントルで起こり、コアに多くの放射性物質が含まれている可能性は低いことに注意してください。
二 答え:
#1
+11
naught101
2014-04-16 15:24:22 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ウィキペディアによると、現在の価格で商業的に実行可能な鉱床中のウランは約550万トンであり、価格が上昇した場合に実行可能な可能性があるのはおそらく3,500万トンです。

また、ウィキペディアによると、地球の地殻(深さ25 kmまで)には推定10 ^ 14トン(100兆トン)が含まれ、海には10 ^ 10トン(100億トン)が含まれる可能性があります。 )。これにはおそらく上記の鉱石の数値が含まれます。

前のリンクでは、「地球のマントルでのウラン、トリウム、カリウム40の崩壊が主な熱源であると考えられています」と述べていますが、数量の見積もりが出されます。 Allègre、LewinandDupré(1988)は、「原始マントル(バルク地球)中のUの濃度は約21±1ppbであると決定された」と述べています。エンベロープ計算の裏側では、マントル地球の体積の84%(おそらく質量よりもわずかに少ない?)であり、地球は6 * 10 ^ 21トンであり、これは非常におよそ0.84 *(6 * 10 ^ 21)*(2.1 * 10 ^ -8)〜= 10 ^ 14トン、またはほぼ同じです。地球の地殻。

私は地質学者ではありませんが、マントルが質量の84倍であることを考えると、地殻にマントルと同じくらい重い元素が含まれているのは奇妙に思えます。誰かがこれらの数字を再確認したいと思うなら、良いかもしれません。一貫性を保つためにすべてをトンに変換しました。どこかで計算を間違えた可能性があります。
地殻がマントルよりも多くのUを持っている理由は、元素が親油性元素であるためです。世界規模で、これは地殻愛好家の行動をもたらします。
岩になるのが好きな要素? [かっこいい](https://en.wikipedia.org/wiki/Goldschmidt_classification#Lithophile_elements)!だから、私の計算はおそらくマークからそれほど遠くないだろうと思います...
接頭辞「リス」は通常岩を指し、マントルと地殻の両方が岩から作られているため、命名法は少し混乱しています。命名法は、鉄の元素(siderophile)が岩(lithophile)から分離している鉄の製錬に由来すると思います。これは、地球のマントル+地殻と地球のコアにほぼ対応しています。
違いは、マントルは固体ですが、非常に粘性のある液体(岩ではない)のように振る舞い、地殻はそうではないということだと思いました。 [リソスフェア](https://en.wikipedia.org/wiki/Lithosphere)は、少なくとも、地殻とマントルの最上部で最も液体の少ない部分のみを意味します。
これが役立つことを願っています(コメントの単語制限により困難になります):アセノスフェアは液体のように動作しますが、常に固体です。しかし、岩石学的観点から、地殻(主に長石、石英)は、主にかんらん石、輝石、普通角閃石、およびアルミニウム鉱物で構成されるマントル(マントル-リソスフィアを含む)とは大きく異なります。多くの元素は、それらの鉱物との関係から、マントルまたは地殻のいずれかを好みます。要素の分割は、私が知る限り、アセノスフェアの対流によって間接的にのみ影響を受けます。
プレートテクトニクスは、マントルからのすべての「興味深い」非互換性を分別するのに役立ちます-例えば。 K、REEなど。
#2
+5
tobias47n9e
2014-04-16 15:52:29 UTC
view on stackexchange narkive permalink

「いくら」という質問は、地球化学的質問には少し不正確です。むしろ、次のことを考慮する必要があります。

-岩石の体積(=濃度)あたりの元素の量は?

地殻はマントルよりもU濃度が高いため、U地殻を構成する鉱物に引き込まれます。あるいは、マントルを構成する鉱物はUを取り入れたくないと言うこともできます。同じことが、固体の鉄の芯と外側の芯を構成する鉄の溶融物にも当てはまります。

地球化学的目的では、濃度は絶対量よりも意味がありますが、それは[tag:geochemistry]タグへのコメントだと思いますか?なぜなら、それはおそらくあなたの答えの一部としてよりも質問へのコメントとしてより適しているからです。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...