質問:
磁気の「磁気の丘」?
yo'
2014-04-16 14:41:38 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ウィキペディアで、「磁気の丘」という用語が目の錯覚に使用されていることがわかりました。しかし、本当の磁気の丘があると聞きました。つまり、近くの丘が独自の磁場を生成し、コンパスを狂わせるという理由だけでコンパスを使用できない場所です。

そのような場所のリストはありますか? (私は特にヨーロッパの場所に興味があります。)

リストはありませんが、そのような丘や崖などには通常、鉄、特にマグネタイトがたくさん含まれています。過去には、これは、磁気の崖が残骸をもたらす可能性があるときに、船員にとって大きな問題でした。
1 回答:
#1
+13
Pont
2014-04-19 01:24:55 UTC
view on stackexchange narkive permalink

確かにそのような場所があります。それらは、近くの岩石が強い残留磁化を伴う高濃度の磁性鉱物を持っている単なるスポットです。それらは必ずしも文字通りの丘ではありません。あらゆる種類の地形をこの方法で磁化することができます。 「コンパスを狂わせる」とはどういう意味かよくわかりません。方向は影響を受けますが、位置合わせするフィールドがまだあるため、狂ったように回転することはありません。

これらの現象は磁気異常と呼ばれ、コンパスへの影響は磁気偏差と呼ばれます。 World Digital Magnetic Anomaly Mapを見ると、異常の大規模なアイデアを得ることができますが、このマップは、海抜5 kmで測定または推定された異常を示しているため、小規模な表面です。機能がうまく表示されません。ヨーロッパでは、北東部(鉄鉱石の鉱床に対応する)とアイスランド(溶岩流に対応する)に多くの異常があることがわかります。表面レベルでは、かなり最近のヨーロッパの磁気偏角チャートがありますが、空間分解能は、興味があると思われる小さくて強い特徴には低すぎます。

これらの小規模な磁気異常は、主に航海士(海図にマークされている可能性があります-よくわかりません)と、おそらく探査地球物理学者(鉱体の存在を推測するためにそれらを使用する可能性があります)に関心があると思います。残念ながら、鉱物探査の目的で収集されたデータは、商業上の理由で非公開にされる傾向があります。ただし、地質図からいくつかの手がかりが得られます。火山岩は比較的磁性を帯びている傾向があるため、地表近くにある場合は適しています。 エトナ山の磁気異常に関するこの論文は、火山のさまざまな場所で磁気偏角が約5度変化することを示しています。

「コンパスを狂わせる」というのは双曲線です。つまり、局所的な偏角の異常を意味します。
いくつかの小規模な異常は、コンパスの場所を飛行機に警告するために航空のセクショナルチャートにグラフ化されており、ナビゲーションには使用しないでください。
それはあなたの答えに暗示されていますが、明確にするために:これらの異常が「丘」である必要はありません。また、完全に平坦な地形でも発生する可能性があります。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...