質問:
チベットが地球を冷やしたというレイモとラディマンの考えの状況はどうですか?
winwaed
2014-04-16 03:36:48 UTC
view on stackexchange narkive permalink

新生代のチベット高原の隆起が地球を冷やし、現在の氷河期をもたらしたというRaymo & Ruddiman仮説の現状はどうなっていますか(*)?

cf. レイモ、M.E。およびW.F. Ruddiman(1992)新生代後期の気候の構造的強制。ネイチャー、v。359、p。 117-122。

これは、チベット高原の隆起による侵食速度の増加が大気からCO 2 sub>を奪い、極地の氷冠に十分なほど地球を冷却したと主張しました。申込用紙へ。これは私の学部時代に人気がありましたが、イベントの正確なタイミングや「暴走冷却」イベントの停止について質問がありました。

(*)地質学的な意味での氷河期、つまり氷冠片方または両方の極。

脚注に関しては、この質問は関連しています:http://earthscience.stackexchange.com/questions/60/how-do-we-know-that-we-are-not-in-an-ice-age
特に問題の論文にリンクするだけでなく、それを要約するための+1 :-)
1 回答:
#1
+25
plannapus
2014-04-16 16:07:56 UTC
view on stackexchange narkive permalink

チベット高原の隆起は、あなたが質問で説明したプロセスを通じて、新第三紀の冷却に役割を果たしていると一般に考えられています(たとえば、独創的な Zachosetal。2001および最近では Garzione 2008 )。
珪藻の多様化(今日、最も効率的な生物学的炭素吸収源、たとえば Goldman 1993 )など、他の現象も役割を果たした可能性があります。強い>; Ragueneau et al 2000 )約15 Ma( Lazarus et al 2014 [免責事項:私は後者の論文の共著者です] )または海洋循環の変化(具体的には南極海に由来する海底水の割合の増加; Flower & Kennett 1994 )。
そうは言っても、ここで問題となっている冷却は約で始まるものである。 15 Maしかし、新生代の冷却傾向は、始新世初期(始新世初期気候最適、別名EECOの後)に始まり、始新世後期/漸新世初期に南極大陸東部に氷があった( Zachos et al 2001を再度参照)。 )。

出典: sub>

花、BP & Kennett、JP、1994年。中期始新世の気候遷移:東南極の氷床の発達、深海循環、地球規模の炭素循環。古地理学、古気候学、古生態学、108:537-555。 sub>

ガルジオーネ、新生代、2008年。チベットと新生代の地球規模の冷却の表面隆起。 Geology、36:1003-1004。 sub>

Goldman、JC、1993。潜在的な役割深海研究I、40(1):159-168。 sub>

Lazarus、D.、Barron、J。 。、Renaudie、J.、Diver、P.、&Türke、A。、2014。始新世のプランクトン海洋ダイアトムの多様性と気候との相関teChange。 Plos One、9(1):e84857。 sub>

Ragueneau、O.、Tréguer、P。、Leynaert、A.、Anderson、RF、Brzezinski、MA、DeMaster、DJ、Dugdale、RC、Dymond、J.、Fischer、G.、François、R。、Heinze、C。 、Maier-Reimer、E.、Martin-Jézéquel、E.、Nelson、DM、Quéguiner、B.、2000年。現代の海洋におけるSiサイクルのレビュー:生体オパールの適用における最近の進歩と欠落しているギャップ古生産性の代用として。 Global and Planetary Change、26:317-365。 sub>

Zachos、J.、Pagani、M.、Sloan、L.、Thomas、E.、Billups、K.、2001。傾向、リズム、異常世界の気候で65Maから現在まで。 Science、292:686-693。 sub>

完全な答えをありがとう。初期始新世の気候最適は、私がPETM(暁新世-始新世熱最大)として知っているものだと思いますか?推測すると、この温度の急上昇からの回復が冷却の「オーバーシュート」につながったのだろうか?
@winwaed始新世初期の気候最適値と暁新世-始新世の熱最大値は、2つの別個のイベントではありません。私が言及していた他の私が言及していた間に最初から完全に回復するまでの80kyrs(したがって実際には「スパイク」)は5 Myr後に発生し、長期的な温暖化傾向(おそらく白亜紀(?)で発生)の終わりと始まりを示します長期的な冷却傾向の。 Zachos他を参照してください。新生代の気候傾向の完全な概要については2001年。
参考までに、この論文は主な著者の学術Webページから無料で入手できます。http://www.es.ucsc.edu/~jzachos/pubs/Zachos_etal_2001b.pdf
EECOの説明と紙のURLを提供してくれたplannapusに感謝します。読書のコーヒータイム:-)


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...